九州やさい 純生酵素

酵素と酵母と乳酸菌とビフィズス菌を知ろう

 

代謝や消化の働きをする酵素ですけど、この他
お腹のかなで、気になるのは酵母や乳酸菌そしてビフィズス菌ですよね。

 

日頃、これらを耳にすることがあると思います。
それで、それぞれを調べてみました。

 

 酵素

酵素は、私達の身体の中にありますが、普段の食事からも外部から酵素を摂り入れています。
それは、野菜や果物そして、納豆など発酵食品などにも、含まれるわけです。

 

ですから、酵素は体内酵素と体外酵素に分けられ、体内での不足分や
減少を補って、毎日生活しています。

 

そして、酵素自体は、代謝酵素そして消化酵素にも分類されます。
これは、私達の生活するあらゆる活動の源、エネルギーに関わり、

 

とても大切なモノです。
食べることから、眠っている時の呼吸や心臓が動いていることなど、

 

生きているのに、すべて関わっています。
さらに、食べ物の栄養を身体の中に分解・吸収するのに大切な

 

消化活動を担っているわけです。
ですから、これが足りなかったりすると、お腹の働きが鈍くなり、

 

つまり、具体的に排泄が上手くできなくなり、便秘ですよね、
それで、お肌にも悪い影響が出たりすることもあります。

 

ニキビや吹き出物などです。
ですから、つねに、酵素をバランスよく摂ることで、生活にもハリが出てきます。

 

 酵母

酵母というとパン作りを連想される方が多いんじゃないでしょうか。
パンを作るときに酵母菌を使いますよね。

 

これは、具体的にパンの材料・小麦の糖質を酵母が分解するんですね。
この分解ですが、アルコールと炭酸ガスに分解されます。

 

その炭酸ガスで生地が膨らみます。
それを焼くとアルコールが飛んで、形としてパンらしくなっていきます。

 

同じように、お酒を作るとき、日本酒ですね、あるいはワインなども
酵母が重要な役割をしています。

 

発酵という言葉を聞くことがあると思います。
日本酒の発酵、ワインの発酵、これらは、元の食物をエサに、

 

分裂し、そして成長してきます。その状態が発酵なんです。
ですから、日本酒を作る時も、お米がどんどん内部で分裂し、

 

お酒へと成長しますし、ワインにしても、ブドウが分裂し、
ワインへと成長するんです。

 

その働きをする菌が酵母であって、実は、ワインもそうですけど、
植物、樹液、果物ほか、いろいろなところに生息する菌が酵母です。

 

 乳酸菌

乳酸菌というと、よくお腹の調子を整えるということで、
スーパーなどに多く、飲料として売られていますね。

 

発酵を説明しましたが、実はその時に乳酸という物質が作られます。
糖質が発酵された際、それがエネルギーとなって、多くの乳酸をつくる細菌が

 

乳酸菌と定義されています。
実は、乳酸自体を作り出す細菌は多く、特に、消費した糖質から50%以上の割合で
乳酸を作り出す細菌が乳酸菌なですね。

 

そして、乳酸自体は運動性がなく、つまりそれ自体は何もしないというわけです。
さらに、酸素があまり無い所が好きなようです。

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料さらにキムチなどの漬物に含まれます。
また、乳酸菌は腸内細菌にも含まれ、腸内環境を整えるために役に立っているんですね。

 

 ビフィズス菌

ビフィズス菌も乳酸菌も、人間の腸の中に存在する善玉菌なんですね。
ですから、お腹の調子を整えるのに、おすすめされるわけです。

 

ヨーグルトや乳酸菌製品などに使われますし、一般的に乳酸菌と同類と言った捉え方もされます。
しかし、学術的には別物のようです。

 

ビフィズス菌は人間の腸内に存在し、腸内に棲む善玉菌の99.9%を占めます。
その数は1兆〜10兆個といわれています。

 

これは、乳酸菌の約100〜1万倍だそうですよ。
また、乳酸菌と大きく違うのは、強い殺菌力を持つ酢酸やビタミンB群、葉酸を作り出す点です。


トップへ戻る